蔵元ショップ セラ真澄

■ 食卓を和やかにする"もの"を集めました

セラ真澄には「こんなグッズがあったらみんなが食卓に集まって来るだろうな?」という"もの"を集めました。
ウィンドウショッピングや雑誌などで魅力的な商品を見つけては買い求め、
まずは宮坂家の食卓で使ったり食べたりしてみます。
宮坂家の面々がはまった物、それが品揃えの絶対的な条件です。

真澄

極上の真澄

一献の酒から水紋のように広がる視野。心を豊かにする最上の水。

純米大吟醸 夢殿
真澄が醸す純米酒の最高峰
大吟醸 夢殿
真澄の品評会出品酒
純米大吟醸 七號
七号真澄酵母の純米大吟醸
純米大吟醸 山花
価格はお手ごろ、味わいは一級品

 

ちょっと贅沢な真澄

特別な日常。暮らしの節目を大切にするひとときと共に。

純米吟醸 吉福金寿
贅沢な造りの純米吟醸
純米吟醸 辛口生一本
今や真澄の看板商品
純米酒 奥伝寒造り
癒し系の純米
p_yawaraka.jpg
YAWARAKA TYPE-1
2015年8月発売。アルコール12度

 

季節の真澄

料理の滋味を引き出し、豊かな自然の恵みを楽しむ旬の酒。

純米吟醸 うすにごり
早春の淡雪を想わせるうすにごり
純米 生酒
さらりと美味いソフトタイプ生酒
純米吟醸 ひやおろし
深まる秋の月見酒
純米 あらばしり
蔵元名物の「あらばしり」が純米酒になりました

 

日々の真澄

佳き一日の終わりに、友との語らいに。暮らしに添う日々の酒。

本醸造 特撰真澄
真澄のスタンダード
辛口ゴールド真澄
食中酒にぴったりのあっさり辛口
銀撰真澄
気楽に酌み交わせる一本

 

その他

日本酒蔵ならではの丁寧な手造り。柔らかな風味の焼酎と果実酒。

酒器

■器道楽のオーナーが集めた楽しい酒器たち

syuki.jpg  

○我が夫婦は、器屋さんや骨董屋さんを覗いたり、各地の窯元を訪ねたり、雑誌の器特集を眺めたりするのが大好き。そんな私たちは、お気に入りの器のほとんどを作家さんから直接仕入れています。最近は、作家さんが新作を持ってショップを訪ねてくれたり、個展を開催してくれることも増え、とても幸せです。

○お皿や鉢などにも手を伸ばしたいのですが、それでは器屋さんになってしまいますので、基本的な品揃えは盃やぐい飲み・とっくり・片口など酒席で使う器に限定しています。最近は卓上で格好よくお燗をつける道具や干物をあぶる火鉢が欲しくて物色中です。

○器の選択基準は
・美しいこと
・日々の食卓で実用できる器であること
・酔った友人が壊してしまっても喧嘩にならない程度の価格であること

です。
美術ギャラリーではないので、桐箱にしまい込んで値上がりを待つような"芸術品"は扱いません。
 

主な作家さんと商品

■陶 器: 佐賀県唐津 中里太亀さん ぐい呑みetc / 兵庫県丹波 市野忠作さん 立杭焼ぐい呑みetc / 長野県朝日村 松井 寛さん くみ出し椀etc / 長野県伊那 島るり子さん ぐい飲み・片口etc
■磁 器: 石川県山中温泉 須田青華さん 九谷焼いろいろ / 兵庫県 綿貫宏介さん 平皿etc / 山梨県 砂田政美さん お皿etc
■漆器: 長野県木曾平沢 佐藤千朗さん 盃・銘々皿etc / 長野県木曾平沢 「ちきりや」手塚英明さん マイ猪口セットetc / 木曾奈良井 「花野屋」さん 木製ボトルクーラー
■金属器: 岩手県 「ロジ アソシエイツ」岩清水久生さん 香合etc
■ガラス器:
東京湯島 「木村ガラス」さん グラス各種 / オーストリア 「リーデル社」 大吟醸グラス

食品

■真澄が厳しい目と舌で探したこだわり食品

20120406-007.jpg
 
syokuhin.jpg
 

○当社は、約60社の食品メーカーと70社の販売店が加盟する勉強会「良い食品づくりの会」を通して、人々の健康を預かる"食"を生業とする者が肝に命ずるべき思想や行動を学んで来ました。

○「良い食品づくりの会」の理念は、

4条件
1.何より安全
2.おいしい
3.適正な価格
4.ごまかしがない


4原則
1.良い原料
2.清潔な工場
3.優秀な技術
4.経営者の良心

に凝縮されています。

○セラ真澄のスペースには限りがあるため品数はわずかですが、「良い食品づくりの会」の同志の製品、また同様のポリシーに基づいて食品造りに励む良心的なメーカーの製品を販売しています。

 

その他

■他にもいろいろ

○片田好美さんの野鳥・山野草の絵葉書
○東京・代官山「かまわぬ」のてぬぐい
○書籍や雑誌